鹿児島の弁護士会の取り組みについて

鹿児島の弁護士会は、司法へのニーズに応えるべく活動している。

鹿児島市や薩摩川内市、鹿屋市等県内でも都市部に法律事務所が偏在してきたが、ひまわり公設事務所、法テラスの事務所、弁護士法人化した事務所の支所等が県内の都市部以外に離島も含め複数存在するようになった。

このように司法過疎の問題解消に対しても取組み、成果も上がりつつある。

調停離婚とはについて

離婚を考えた場合には、お互いに話し合いを行い、双方が同意をすることのより、出来るのですが、約九割の方が双方の同意を得ることが出来ない場合があります。

こういったケースには、家庭裁判所にて調停離婚を行います

調停では、双方の言い分を聞き、修復することができないのかや離婚したほうが良いのかを話し合いを行います。