交通事故には弁護士に依頼して後遺障害の等級認定

交通事故にあって後遺障害が残るケースでは、その後遺障害の認定等級がその後の示談交渉に大きく関係してきます。つまり、後遺障害の等級認定が正しくされることで政党な損害賠償や慰謝料が獲得できるということです。

交通事故には弁護士のサポートを受けるのが一番と言われます。交通事故の示談交渉で後遺障害の等級認定に明るい弁護士に依頼すれば、適切な等級で適切な賠償が受けられるよう働きかけてもらえるからです。

交通事故に遭った時にすべきこと

交通事故は誰がいつどこで被害に遭ってもおかしくありません。交通事故の被害に遭った時に被害者がすべきことは、加害者の連絡先を聞いておくことはもちろん、加害者の加入している保険内容について確認しておくべきです。

また、保険金を請求するためには、警察に事故の届け出をして、自動車安全運転センターから交通事故証明書の交付を受ける必要があります。